ダイレクトターミナルはRS485ターミナルバスに直接接続でき、システムコントローラーと通信します。

これらのターミナルはリード/ライトタグもしくはリードオンリータグを読めます。

リレーやデジタル入力はありません。

ImproX キーパッドターミナル

ImproX DL は、 IXP 200, 300 、400システムで使用します。この製品はサードパーティのデバイス、たとえば磁気カードリーダー、バーコードリーダー、Weigandリーダー、RS232Cと接続できます。読み取りコイルと、2つのリレー、2つのデジタル入力を有しています。
DLハウジングはABSプラスチック製でLCD、英数字キーパッド、ファンクションキーと一体となっています。

ImproX ポータルターミナル

ImproX PT は、 IXP 200, 300 、400システムで使用します。この製品はImproXリモートリーダーに接続でき、またサードパーティのデバイス、たとえば磁気カードリーダー、バーコードリーダー、Weigandリーダー、RS232Cと接続できます。読み取りコイルと、2つのリレー、4つのデジタル入力を有しています。
コントローラーとはRS485のターミナルバスを通して通信します。

ImproX タイム&出社ターミナル

mproX TA は、 IXP 200, 300 、400システムで使用します。TAはLCDディスプレー、4つのキーを有しています。(どちらも時刻記録&出社アプリケーション用です)読み取りコイルと、2つのリレー、4つのデジタル入力を有しています。この製品はImproXリモートリーダーに接続でき、またサードパーティのデバイス、たとえば磁気カードリーダー、バーコードリーダー、Weigandリーダー、RS232Cと接続できます。読み取りコイルと、2つのリレー、4つのデジタル入力を有しています。
コントローラーとはRS485のターミナルバスを通して通信します。

ImproX タグ保持ターミナル

TRS 又は “ドロップボックス” は、 IXP 200, 300 、400システムで使用します。ドロップボックスはターミナルであり、コントローラーとはRS485ターミナルバスで通信します。このターミナルは、たとえばタグをビジターに建物の入り口で与え、出るときにタグ保持ターミナルに落とすとブーム(バリケード)が解錠され開きます。ターミナルはステンレススチールとファイバーグラスでできています。

ImproX Micro Harsh Environment Terminal

MHは、 IXP300 、400システムで使用します。このユニットは金属製のハウジングに封入されており、厳しい環境での使用ができます。コントローラーとはRS485ターミナルバスで通信します。

ImproX キーパッド耐環境ターミナル

KHは、 IXP300 、400システムで使用します。キーがありピンコード(暗証番号)入力または理由コード入力ができます。このユニットは金属製のハウジングに封入されており、厳しい環境での使用ができます。コントローラーとはRS485ターミナルバスで通信します。

ImproX マイクロターミナル

MTは、 IXP300 、400システムで使用します。 このターミナルはABS製のハウジングを使用しており破壊者から保護します。コントローラーとはRS485ターミナルバスで通信します。

ImproX キーパッドターミナル

KTは、 IXP300 、400システムで使用します。 キーがありピンコード(暗証番号)入力または理由コード入力ができます。このターミナルはABS製のハウジングを使用しており破壊者から保護します。コントローラーとはRS485ターミナルバスで通信します。


Copyright c2003 Impro Japan
ここにある情報は事前の通知無しに変更される可能性があります.