インターフェースターミナルはIXP200,300,400システムで使用されます。

インターフェースターミナルはRS485ターミナルバスに直接接続でき、システムコントローラーと通信します。

またターミナルによってはそれのみ又はリモートリーダーとともに動作し、アンチパスバック機能も有します。

ImproX ドアインターフェースターミナル

ImproX DTはIXP200,300,400システムで使用されます。
このターミナルは1つのリレーと2つのデジタル入力をボード上に有しています。コントローラーとはRS485ターミナル経由で通信します。タグを読むためにはリモートリーダーと接続しなければなりません。

ImproX ポータルインターフェースターミナル

mproX PTはIXP200,300,400システムで使用されます。
このターミナルは1つのスキャン用コイル、2つのリレーと4つのデジタル入力をボード上に有しています。PTはImproXリモートリーダー、サードパーティの磁気カードリーダー、バーコードリーダー、Weigandリーダーと接続できます。コントローラーとはRS485ターミナルバス経由で通信します。

ImproX タイム&アテンダンス(出社)インターフェースターミナル

mproX PTはIXP200,300,400システムで使用されます。TAはLCDディスプレー、4つのキーを有しています。(どちらも時刻記録&出社アプリケーション用です)またスキャン用コイル、2つのリレー、4つのデジタル入力を有しています。
TAはImproXリモートリーダー、サードパーティの磁気カードリーダー、バーコードリーダー、Weigandリーダーと接続できます。コントローラーとはRS485ターミナルバス経由で通信します。

Copyright 2003 Impro Japan.

ここにある情報は事前の通知無しに変更される可能性があります。
仕様書