既存マンションでも配線工事が不要
既存マンションの共用玄関オートロックシステム
最近、ピッキングやバールによる錠破壊による窃盗が多発しているため、既存のマンションや共同住宅の共用玄関にも不法入館者をシャットアウトするためにオートロックシステムの設置が必要になってきました。オートロック化されているマンションの訪問者対応はインターホンにより行われていますが、既存のマンションにインターホン設備を導入するとなると膨大な費用がかかるため導入できないのが実情です。
既存マンションの解錠システム、「テレロックスM」は一般電話を用いるため、インターホンの配線工事や機器を使用しないでその目的を可能にした最新のシステムです。(特許申請済み)
パンフレットはここをクリックしてください。(PDF)
特 徴
  • 現在使用している電話がそのまま使用できる。
  • 居住者は、カードやペンダントをかざすだけで入館できる。 
  • カードは定期入れや財布などに入れたまま使用でき、タグはキーホルダーやペンダントとして使用できる。
  • カードやタグを万一、紛失しても簡単に抹消や登録変更ができるので安心である。また無電池式のため維持費が
     かからず経済的である。カードやタグは接触部が無いため故障がなくメンテナンスフリーである。
  • 幹線の配線工事や各家庭内での工事はまったく必要ない。
  • いたずら呼び出しが防止できる。
  • 外部の電話からは絶対解錠できない。指定のピンク電話と登録された訪問先の電話が通話中のみ解錠できる。
  • -