まずソフトをダウンロードしてください

日本語版V3.02 (クリックしてください 30Mbyte Firebird、IXP100を含んでいます)
ソフトウェアマニュアル V3.02
 (クリックしてください マニュアルのみです)

 ダウンロードが難しい場合はCDの購入をお勧めします。sales@impro-jp.comへご連絡ください。
(インストールした後、解凍されるフォルダ中のinstall.exeを実行してください)
IXP100
インストール方法

IXP100ソフトウエアをインストールするのにC:ドライブに70MB以上の空き容量が必要です。

このソフトは c:\IXP100にインストールされます.
もし古いバージョンのソフトがインストールされているのであれば

(version 3.02
より前のもの),先にアンインストールしてください.

INTERBASE(6.0) INTERCLIENT(1.60.01)

コンピューターにINTERBASEの前のバージョンあるいはINTERCLIENTをインストールしている場合は、INTERBASEに関連するアプリケーションおよびサービスをすべて止めて、IXP100をインストールする前にINTERBASEINTERCLIENTをアンインストールしてください。

インストール方法
Install.EXEを実行すると下記のウインドウが開きます。

・順番に全てインストールしてください。
 Firebirdについては同じバージョンがすでにインストールされていれば
 再インストールの必要はありません。

全インストールが終了したら、リブートしてください。

IXP100 を動作させるためには「スタート」→プログラム→IXP100 を選んで下さい。

ログオン

アドミニストレーター ユーザー

デフォルトのパスワード: masterkey

パスワードを変更する場合があることに注意してください。システム・セキュリティを保証するパスワードは必ず変更してください。パスワードを変更するためには、プログラム・メニュー→Interbaseの下で見つけることができる「IBConsole」を使用してください。

パソコンをサーバーとして登録する

最初に IBConsoleを使用してインストールされているパソコンを登録する必要があります.

メニューから <Server/Register> を選んで.
username
SYSDBA   (大文字)
password
masterkey (小文字)
を入力してください。これでローカルサーバーが出来ます。

パスワードを変えるためには

左手ウィンドウ中の「Local Server」メニューアイテム上でダブルクリック。左手コンテンツウインドウから「Users」をダブルクリック、次に、求められる (右手ウィンドウに現われた)ユーザを修正してください。この変更を行うには、「SYSDBA」上で右クリックして、「Modify User」を選び、新しいパスワードを入力して、「Apply」を押してください。新しいパスワードは今有効になったと思います。SYSDBAパスワードは変更することができますが絶対に忘れないでください。このパスワードが失われた場合、データ・ベースはアクセスできなくなるでしょう!IBConsoleに接続する場合、新しいSYSDBAパスワードが使用されます。

:SYSDBAユーザー名を変更しないでください。

レポートユーザー

レポートユーザを加えるためには、上に記述されるようにIBConsoleを使用してください。ただし、ユーザ・メニューでは、新規のユーザが望まれるような任意のパスワードと共に、「REPORTS」と呼ばれるよう付け加えてください。保存して閉じてください。レポートユーザは今、このパスワードを備えたIXP100へのログオンが出来ると思います。

問題が起こったとき

ログオンできない

その後IXP100ソフトウェアを実行した場合、ログオンボックスが現われれば、IXP100は正確にインストールされました。

デフォルト・パスワードでログオンに失敗する場合、考えられる原因は次のとおりです。

1: パスワードが間違っている場合です。

2: INTERCLIENT/INTERSERVERが動いていません

―それを確かめるには、プログラム・メニュー(スタート(-INTERBASE INTERCLIENT--INTERSERVER-)-プログラム-)からそれを手動で開始する事を試みることにより

次に、IXP100を再実行してください。

3: Interserverがウインドウズのスタートアップで走ることを確認してください。

プログラム・メニューから、「Interbase Interclient」を選択して、サブメニューから、「Interserver configuration utility」を選んでください。ウインドウの下のほうの「Startup mode」から「Windows Startup」を選択してください。