IXPシリーズ比較表IXP - SERIES

IXP 100 Hardware

ImproX Hardware range

リードオンリー機能

リードオンリー+リードライト 機能

         IXP 100 IXP 200 IXP 300 IXP 400

コントローラ

1台 1台 1 台から16台 1 台から64台
コントローラ
あたりの

ドア数
1ドアー 16 ドアーまたは
15ドアー+リフト(=Elevator)
フルアンチパスバック
16 ドアー/コントローラ
(フルアンチパスバック)


64ドアー/コントローラ
(アンチパスバック無し)
又は
32ドアー/コントローラ
(アンチパスバックあり)


最大4096ドア
コントローラ
あたりのターミナル
使用不可 1から37 の各種ターミナルで
ドアとビル管理用機能
1から37 の各種ターミナルで
ドアとビル管理用機能
.
1から37 の各種ターミナルで
ドアとビル管理用機能
システム
あたりの
最大ドア数
1ドアー 16 ドアー 又は
15ドアー +リフト(=Elevator)
(フルアンチパスバック)
256 ドア + 入室/退室
ターミナル ビル管理用
入室用最大 768 ターミナル
最大 3000 ドア
ターミナルは 3000のノンアンチパスバックドアに
ImproXDT+リモートで使用可能)
システム
あたりの
ゾーン指定数
指定不可 16 ゾーン 最大16コントローラ
256のゾーンが設定可能
最大64コントローラ
2048のゾーンが設定可能
最大タグ数
(非接触
カード数)
最大 500 最大 2000

最大 8000

最大16,000 から 160,000
(メモリーモジュールに依存)

通行記憶数
(PC非接続時)
最大500
最大 8000

最大 9000

最大 50,000 (メモリーモジュールに依存)

ハードウエア
アップグレード
なし IXP300へのアップグレード
には ソフトが必要
(ImproNet Software + Controller-Firmware)

IXP400 へのアップグレード
には
ソフト+ハードが必要
(new Controllers  ImproX AC)

現時点でこれ以上の
アップグレードなし

使用できる
タグ
Omegaタグ及び
Slimタグ
Omegaタグ及び
Slimタグ

Omegaタグ及びSlimタグ

  固有コードを持つ
ImproXWritagも
リードオンリーアクセスのみ使用可能

固有コードを持つImproXWritagも
リードオンリーアクセスのみ使用可能

ソフトウエア IXP100 Windows
ソフトウエア

IXP200 Windows
ソフトウエア

ImproNet ソフトウエア
LAN WAN経由の接続可能
データベース使用

データベース

INTERBASE

さらに詳しい比較表はこちらをクリックしてください。(EXCELファイル)