IXP 200 は小規模から中規模の施設のためにデザインされています。

システムは次の多くの機能を誇っています。十分なリフト/エレベータコントロール、容易な建物管理特徴、ユーザ・アラーム相互作用、十分なオン・ライン/オフ・ライン・オペレーションおよび自由なウィンドウに基づいたソフトウェアです。

IXP200シリーズの機能

  • 2000枚までのタグ(非接触カード)のサポート
  • 4つのタグレベル:管理者、スーパーバイザ、ノーマル、ビジター
  • 16ドアまでのコントロール、15ドアと4つのリフト/エレベーターのコントロール
  • 16までのアンチパスバックゾーン
  • アクセスパターンの提供, タグのアクセス必要条件が時間と日およびドア/リフトのフロアによって指定されることを可能とします。
  • 最近の8000の通行を記憶します。
  • 日常のドアモードパターン、指定された時間のアクセス状況を指定。
    必要なタグ、ロック、オープン、スーパーバイザアンロック、無入室.
  • デユアルタグオプション
  • 暗証番号強制
  • アクセスのためにタグ提示のみ、タグ+暗証番号、タグ+暗証番号+理由コードのオプション
  • 3つのアンチパスバックモードーオフ、不要、制限
  • アンチパスバックによるロックアウト
  • メッセージ提示機能: (256までのあらかじめ定められたメッセージをタグにリンクし、LCDを装備をしたリーダで表示することができます。).
  • デジタルインプットフィードバックによる時間指定アクション
  • デジタルインプットフィードバックによる入力イベントトリガアクション
  • 侵入アラームとアラームパネルによる警備機能または電源コントロール出力
  • システムはフル機能のIXP300(ImproNet)にアップグレード可能
  • オープンのインターベースデータベースでサードパーティのソフトウエア使用可能
  • オンラインダイナミック言語翻訳機能
  • 標準のImproXリードオンリータグとImproXハードウエアをサポート
  • ファームウエアアップグレード機能

ixp 200系統図(PDF)

IXP200 ソフトウエア取扱説明書
日本語 英語(English)
セクション1,2 Section 1,2
セクション3 Section 3
セクション4,5,6 Section 4,5,6

 


近接リーダー

IRはIXP200,300,400システムとコンパチブルです。
この装置は自動車の「ハンズフリー」入場に好適です。
送信機はフロントウインドウに配置され12VDCの電源を供給されます。各々の送信機は独自のコードを送信します。
コードはタグ保有者に正確なレポートのためにアサインされます。
受信機は ImproX DT 又はPTに接続されていなければなりません。



受信機カタログ(PDF)
送信機カタログ(PDF)